危険なストレス解消方

 

ギャンブル

解消度

費用

 

個人的にはオススメしませんが、
当サイトはストレス解消方を紹介する趣旨のため、
方法の一つとしてギャンブルを紹介します。

 

 

 

ホントにストレス解消方になるの?

 

「ギャンブルがストレス解消方になるの?」
と疑問に思う人も多いと思います。
まずはギャンブルが本当にストレスに効くのかどうか見ていきましょう。

 

 

興奮してからドーパミンが出る

ギャンブルをしている時、人は「勝つか負けるか」の狭間でドキドキするものです。このドキドキは、人の脳内でアドレナリンという興奮物質が分泌されることで起こります。

 

そしてその興奮や、損するかもしれないというリスクを乗り越えて勝つと、
幸せを感じる物質であるドーパミンが大量に分泌されます。

 

 

ドーパミンはストレスに対して有効で、私たちの気持ちを安定させます。
つまりストレス効果はある程度あるんです。

 

 

ストレス解消と紙一重の依存症

しかし、ここからが厄介です。
ギャンブルに勝ちドーパミンが分泌されると、脳は喜びその行動(ギャンブル)を次から求めるようになります。
運動などのストレス解消方でこの状態になれば、良いサイクルを形成できますが、今回はギャンブルです。
つまり、依存性が付いてしまうことになります。

 

 

ドーパミンがでなくても・・・

「負ければドーパミンは出ないから、やめられるんじゃないの?」
と思ってしまいますよね?

 

確かに単純に考えるとそうかもしれません。
しかし、一度「勝ちの味」(ドーパミン)を知ってしまった脳は、
その味を忘れることができずに求め続けます。

 

大きな負けが続いても、小さな勝ちを求め続け、結局ギャンブル依存症になってしまうわけです。

 

 

この方法を使っていい人
ギャンブルをストレス解消方として使うことに向いている人は、
息抜き程度に考え、あまり勝ち負けにこだわらず
「遊び」で終われる人でしょう。

 

ページ右上からほかのストレス解消法を見る

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 


 
トップページ ストレス研究 仕事のストレス解決法 ストレスと食事 サイトマップ