ストレス発散と創作活動

 

創作

ストレス発散度

費用

 

ストレスを感じている人の多くは、右脳をほとんど使わず、
左脳を酷使し続けているという傾向があります。

 

このアンバランスが、身体に様々な悪影響を及ぼすわけですね。

 

 

そこで今回はストレス発散方の中でも、
物語の創作をおすすめしようと思います。

 

 

普段はない刺激がストレスに良い

 

物語を創作することで、創造する、没頭する、妄想する、
など普段の生活にはない刺激体験を味わえます。

 

それにより右脳が活性化され、脳のバランスを保つことが、
効果的なストレス発散方になるはずです。

 

 

また、自分の思い通りの世界を描くことで、
日頃うまくいかないことへの思いも発散されるでしょう。

 

さらに、語彙力や表現力も上達するかもしれません。

 

 

創作をする時間は、そのことだけに集中する時間です。
普段悩んでいることを忘れて、仕事などの不満やストレスから解放される時間になるでしょう。

 

 

漫画でも絵でも小説でも良い

物語を考え、形にするにあたり、なにでそれを表現するか悩むところです。

 

絵を描くのが上手ければ、漫画であったり絵で表現したりもできますが、
そうでない人は小説を書きましょう。
小説ならば、文字を書くだけで作ることができるので手軽です。

 

ポイント
小説というと、分厚い本を想像するでしょうが、無理に長い話を作る必要はなく、いわゆる短編小説で十分です。慣れてきたら、何ヶ月・何年もかけて一つの作品を仕上げて行くのも面白いでしょう。

 

 

楽しみ方もいろいろ

自分で小説を書いているときはもちろん、
人に読んでもらって、
感想を聞いて討論することも、楽しみの一つになります。

 

 

物語を創るとき、それは自分の心理状態を映し出してくれるでしょう。
日々の不満、積もり積もったストレス、気づかなかった感情もあらわになるかもしれません。
そんな自分を知るためにも、格好つけずに、思いのまま創作しましょう。

 

ページ右上からほかのストレス解消法を見る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 


 
トップページ ストレス研究 仕事のストレス解決法 ストレスと食事 サイトマップ