泣いてストレスを吹き飛ばす

 

泣いてスッキリする

泣く

ストレス解消度

費用

 

泣くことはストレス解消に効果があるのは有名な話です。

 

人はそもそも、

  • 目に刺激を受けた時(ゴミなど)
  • 目が乾いたとき
  • 感情が左右したとき

 

に涙を流しますが、今回の「泣くストレス解消」で挙げるのは
3つめの「感情が左右したとき」です。

 

 

感情で泣くべき

 

感情が左右して流した涙には、強いストレス解消効果があります。
感情といっても、怒りや悲しみや感動など複数の感情がありますが、

 

その中でも特に
「他人に対する同情や共感からくる涙」が効果的です。

 

感情の涙に秘められたパワー

同情や共感の涙には、ストレスによって蓄積された
心の痛みを軽減させるエンドルフィンという物質が含まれています。
これにより緊張状態や心配事などを和らげる効果があります。

 

泣く

 

現代のストレスに一番効果アリ!

情報化社会でIT技術が進んだ現代では、肉体よりも精神を酷使する
傾向にあります。
この影響で、カラダではなく
脳にストレスを溜め込む人が増加傾向にあります。
このような人に一番効果的なのが前述した「感情の涙」です。

 

 

女性が泣く理由
女性は男性よりも感受性が豊かだといいますよね。
女性が気持ちの切り替えがうまいのは、これによって
悲しい時に思いっきり泣けるからかもしれません。

 

男性が泣かない理由
「泣くことは男として恥ずかしい」と考えたり、
ちょっとカッコ悪く感じてしまうことが原因です。
しかし、無理に泣くことを我慢してしまうと身体に毒ですから、
適度に泣いておくといいですね。

 

 

泣く効果はどれくらい続くの?

泣く

 

「泣くストレス解消法」は4〜5日は効果が持続します。
休みの日に大号泣しておいて、次の1週間を乗り切りましょう。

 

 

笑うのと泣くのはどっちが効果あるの?

 

当サイトでは「笑うこと」での効果も記述してますが、

 

笑うのと泣くのどっちの効果が高いの?
と思う人もいるでしょう。

 

これについては、涙によって老廃物を体外に排出できているので、
スッキリするという意味では泣く方が効果は高いと言えそうです。

 

ページ右上からほかのストレス解消法を見る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 


 
トップページ ストレス研究 仕事のストレス解決法 ストレスと食事 サイトマップ