日記で解消出来る精神的ストレス

 

日記は精神的ストレスに効果がある

解消度

費用

 

日常生活に悩みや仕事に不満がある場合、
ストレスを感じるものです。

 

そこで、その悩みや不満を書きだすことで、
心のモヤモヤを吐き出してみましょう。

 

 

ということで、数あるストレス解消法の中でも特にマイナー
日記を書いてみましょう。

 

 

悩みを書き出すことにより、自分を第三者の目で見ることができますし、
解決の糸口がふと見当たるかもしれません。

 

また、その悩みや不満に思っていることは、
実はそんなに深刻な問題じゃないと思えるかもしれませんね。

 

 

日記ってみんなは書いてるの?

 

実は一般人全体の約40パーセント
「日記を続けている」と回答しています。

 

そして、全体の6割が日記を書いたことがある日記経験者です。

 

自分の周りの5人に3人が日記を書いたことがあるんです。
そう考えると意外に多く感じますね。

 

 

また、20代、60代、70代以上は
2人に1人が日記をつけていると言われています。
(このうち20代はSNSを使った日記でしょう)

 

 

 

これは逆に言うと、精神的ストレスを一番受けている30〜50代が、
家庭や仕事に忙しくなったことで、日記離れしているとも言えます。

 

 

日記の新たな形

 

現代ではコンピューターのツールが整うことに伴って、
字を書く行為そのものが極端に少なくなりました。

 

それと同じくして、毎日を振り返る「日記」も
ノートを使うことよりもスマホやパソコンからネットを介し、

 

友人などの不特定多数と共有できる
ブログSNSなどへと移行した動きが見られます。

 

 

こうしたブログ日記やSNSから記事(日記)を書くと、
同じ考えを持っている人や共感してくれた人とも繋がることができるし、
違った観点を持っている人とも交流ができます。

 

そういった人からコメントをもらえると精神的にも嬉しくて、
しばらくの間は継続する励みになりますね。

 

 

また、最近はランチ日記や旅行記、ガーデニング記録、ブログ日記など、
ジャンルにも多様性が出てきています。

 

 

日記は自分の好きなことや得意なことから始めると長続きするはずです。
精神的ストレス解消法にうってつけなので、ぜひやってみましょう。

 

ページ右上からほかのストレス解消法を見る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 


 
トップページ ストレス研究 仕事のストレス解決法 ストレスと食事 サイトマップ