ストレス緩和にビタミンC

 

ストレス緩和のサポートに必要不可欠なビタミンC

 

ストレスを受けると、私たちの身体はビタミンCを大量に消費します。
これは、受けたストレスを緩和する効果を持つ副腎皮質ホルモン
(別名:抗ストレスホルモン)の生成に使われるからです。

 

この抗ストレスホルモンを、ストレスを受ける前に身体に準備しておけば、
体や心へのダメージや影響を少なくすることができます。

 

そこで今回は、ビタミンCを効果的に摂ることで、
抗ストレスホルモンをしっかり準備できるようにしましょう。

 

普段どれだけストレスを受けているかで必要な量も変わる

 

普段あなたがどれだけストレスを受けているかで、必要なビタミンCの量も変わってきます。

 

たとえば小さなストレスならば、少量の摂取でも充分心身を保つことは出来ますが、多大なストレスに困っている人だと、必要な摂取量はその何倍にもなるでしょう。

 

成人のビタミンCの1日の必要量はだいたい100mgと言われています。
多少の過剰摂取をしたとしても問題はないので、
摂れる時に取っておくことをオススメします。

 

 

参考になるビタミンCを含む食品

  100g当たり(mg) 
赤ピーマン 170
ゆず 150
アセロラジュース 120
レモン 100
めんたいこ 76
ピーマン 76
キウイフルーツ 69
いちご 62

 

体への負担は無意識のストレスになっている

 

タバコを吸う人は、ビタミンCの消費が著しく多いです。
ストレスを受けている自覚がなく、好きで吸っている喫煙者の方。

 

これは一見なんのストレスも受けていなさそうですよね。
しかしよく考えてみると、ストレスを受けているところがあります。

 

そう、カラダです。

 

いくら好きでタバコを吸っていても、カラダには負担がかかっています。
その負担が、無意識にストレスを感じているということになるのです。

 

タバコに限らず、体を酷使している人みんなに言えることで、
そういった人は通常の摂取量の何倍もビタミンCが必要になります。

 

 

ここがポイント!

ビタミンCは熱に弱いので、加熱調理すると含有量が減ってしまいます。
そこで、果物のように加熱調理が必要なくそのまま食べて摂取できるものをオススメします。

 

食後の摂取は、食前の摂取に比べて胃に負担もかかりにくく身体への吸収も良くなります。

 

ビタミンCが足りている状態の目安は、「便が軟便になるくらい」です。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

 

食事知識・テクニック一覧

ビタミンB群をとれば疲れが残らない!?


私たちが元気に動けるのは、体がエネルギーを作り出しているからです。そしてそのエネルギーを効...

≫続きを読む

 

ストレス緩和のサポートに必要不可欠なビタミンC


ストレスを受けると、私たちの身体はビタミンCを大量に消費します。これは、受けたストレスを緩...

≫続きを読む

 

カルシウム摂取がイライラの軽減になる事はない!


カルシウムは神経の働きに非常に重要で、不足した状態になる(血中のカルシウムが下がる)と、神...

≫続きを読む

 


 
トップページ ストレス研究 仕事のストレス解決法 ストレスと食事 サイトマップ