ストレスにはウォーキング

 

ウォーキングをする

ウォーキング

ストレス発散度

費用

 

ウォーキングは、年齢を問わず誰でも行える手軽な運動です。
また、周りの景色を楽しみながら、
自分のペースでできるのでとてもお手頃です。

 

 

「ウォーキング」というと少しお堅い感じですが、
「散歩」と思ってゆるい感じで楽しんでください。

 

本当にストレスに効果的なのか疑問な人もいるでしょうが、
費用がかからない割には意外に効果があります。

 

 

驚きの効果

 

ある企業で社員(数百人)に毎日8000歩
半年間続けてもらうという面白い実験をしたそうです。

 

 

その結果、病気や持病などの症状が約15%和らぎ、
医療費が一人あたり約5,000円ほど減ったそうです。

 

歩くという行為そのものが直接的に健康促進効果があった
ということはもちろんですが、それ以上に気分転換でストレスを

 

無意識に発散できた」ことが効果的だったのだと言われています。

 

 

また、ウォーキングが生活の一部になっていることで健康意識が高まり、
生活習慣の改善が自然に出来たということも考えられますね。

 

これは例えるなら、毎日体重計で体重をチェックしている人が
体重や体型に対する強い意識によって

 

「日常生活でカロリーや添加物を控えめにする意識が高まるので、ダイエットの成功に結びつく」

 

事と似ています。

 

 

実際にやるにあたって

 

ウォーキングは、誰でも気軽に出来る方法ですが、
誤った方法でやると長続きしません。

 

そこで、長続きのコツなどを紹介します。

 

 


靴底は柔らかく、かかと部分はかかとをしっかり包み込んでいるもの。
靴の甲部分の素材はメッシュで通気性を重視。
足先に1cm弱ほど遊びがあり、指が動くような窮屈じゃないもの。

 

ウォーキングコース
コースを選ぶ時も安らぎを意識して緑が多いコースを選ぶと効果UP!
(コースはできるだけ毎日変えましょう)

 

時間
一般的には20分以上と言われていますが、
大事なのは血行が良くなることなので、短時間でも
自分の好きなだけ歩くことがストレス発散のコツです。

 

はじめは家の周りなどから始めるのも良いかもしれません。

 

 

 

 

 

当サイトオススメ「スタート地点をずらす方法」

 

毎日コースを変えて歩いても、見える景色はパターン化してしまいます。

 

そういう時は、車や自転車でほんのちょっと遠出して、
最寄駅の駐輪場・コンビニ近くに停めます。

 

そこから知らない街を歩く「スタート地点をずらす方法」です。
※駐車・駐輪は迷惑にならないように気をつけて下さい。

 

ページ右上からほかのストレス解消法を見る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 


 
トップページ ストレス研究 仕事のストレス解決法 ストレスと食事 サイトマップ