簡単すぎるストレス解消法

 

笑う

ストレス解消度

費用

 

今回は笑うという行為で
解消するコツです。

 

 

まず、笑うという行為は、体を緊張状態からリラックスさせます。

 

そして何よりも笑うことで前向きな感情になれますし、
ストレス解消してくれる効果があります。

 

 

また、笑うことで免疫力が上がり、
軽い病気から癌まで、幅広い病気の予防となるのです。

 

 

笑いのストレス効果は120分!

 

笑うことで、ストレスの原因となっているホルモンを減らし、
幸せな気持ちになれる「エンドルフィン」が増加し、リラックスできます。
笑う

 

このような笑った時の効果は、
おおよそ120分ほど持続すると言われています。

 

効果が切れてきたら、こまめに笑うことで効果を持続させましょう。

 

 

心の底から笑顔に

 

内面から笑顔になっていないと、
顔が引きつってしまうので、歪んだ顔になってしまいます。

 

これは、顔の左側がの感情、顔の右側が表向きの感情が出るという
人間の特性からくるものです。

つまり歪んだような顔の人は、愛想笑いが日常になっている可能性があるかも!

 

顔の歪みはシワの元になったりするので、
老けて見えがちになるのも問題です。

 

笑う

 

無理やり笑顔になっても効果あり!?

心から笑顔になるのに越したことはありませんが、この解消法は
無理やり笑顔を作っているだけでも効果はあると言われています。
面白いことやおかしなことがなくても笑顔でいるのを心がけましょう。
そのときに大事なのは、たとえ作り笑いであっても
目を笑わせることがポイントです。
鏡をみて練習するのもいいですね。

 

目が笑う事を意識すること

目で笑うことができれば作り笑いや愛想笑いでも、
顔が歪むことなく左右対称になりますので、印象も格段に上がります。
鏡を見ながら笑ってみてください。口を隠しても目が笑っていればOKです。

 

笑う

 

 

笑うと使われる筋肉
友人といる時やお笑い番組を見ている時など、
腹筋を使いすぎてお腹が痛くなることってありますよね?
これは、腹筋を鍛えている人であっても、普段使わない筋肉を使うことで起こるものです。それほど鍛えるには難しい部位なんですね。笑う行為そのものは、ほんの少しの運動に感じるかもしれませんが、意外とバカにできないできないものなんです。

 

笑って「痛いの痛いの飛んでけ」効果
足の小指を何かの角にぶつけて、痛さのあまり笑ってしまった経験はありませんか?
これは、笑うことで脳に鎮痛作用のあるエンドルフィンの分泌を活発にし、痛みを和らげます。危険から守る人間のとても優れた機能ですね。

 

ページ右上からほかのストレス解消法を見る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 


 
トップページ ストレス研究 仕事のストレス解決法 ストレスと食事 サイトマップ